歴史

東北学

【卒論】「天明・天保飢饉における民衆の対応」(6/6)

前の記事 終章 地逃げは、本稿で見た天明三・四年、天保四・五年の飢饉に限らず、近世の東北では飢饉の際によく見られる現象であった。碇ヶ関に残る史料(名称不明)には、天保八年の際の地逃げについての記録も残っている。天保八(...
東北学

【卒論】「天明・天保飢饉における民衆の対応」(5/6)

前の記事 第四章 天保四・五年飢饉に見る地逃げと民衆の対応―弘前藩と秋田藩を例に― 第一節 天保四・五年飢饉の津軽・秋田地方の概況  本章では、天保四・五年飢饉の際の民衆の動きと、藩の対応がどのようなものだったの...
東北学

【卒論】「天明・天保飢饉における民衆の対応」(4/6)

前の記事 第三章 天明三年飢饉に見る地逃げと民衆の対応―弘前藩と東北諸藩を例に― 第一節 弘前藩における地逃げの発生前夜  天明三年・四年の飢饉をもとに、まずは飢饉のメカニズムとその中での地逃げの位置づけを見てい...
東北学

【卒論】「天明・天保飢饉における民衆の対応」(3/6)

前の記事 第二章 弘前藩における飢饉年の気象状況―江戸後期一二〇年間の古記録から見る― 第一節 調査の方法 『飢饉の社会史』の第一章、「東風冷雨と日和乞」のなかで、菊池勇夫は天明三(一七八三)年の気象を文...
東北学

【卒論】「天明・天保飢饉における民衆の対応」(2/6)

前回の記事 第一章 先行研究史の整理と本論の課題  第一節 先行研究史の整理   本論文では、近世の飢饉の中でも、天明と天保の二つの飢饉を扱う。一般的に天明の飢饉というと、天明年間(一七八一―一七八九)の諸国大飢...
東北学

【卒論】「天明・天保飢饉における民衆の対応」(1/6)

※この記事は大学時代の卒業論文を記事にしたものです。 序文 江戸時代、特に元禄前後には庶民の間で旅という文化が一般的になりつつあった。戦国期に始まった信仰の旅に加えて、現在でいうところのレジャー、観光目的の遊楽の旅行が...
歴史

白河小峰城について― 「お城を見る」から「城郭を読む」へ ―

※今回は大学時代の建築学の講義でのレポート課題を記事にしたものです。 第1章 城の概要 今回扱う城郭は、福島県白河市(陸奥国白河)に位置する白河小峰城である。白河城と呼ばれることも小峰城と呼ばれることもあるが、地元の人は小峰城...
歴史

【明治擬洋風建築】鶴岡警察署庁舎について

※今回は大学時代の建築学の講義でのレポート課題を記事にしたものです。 1.主題設定の動機 私は二年近く前、大学一年の夏休み、自動車の免許を取得するために山形県鶴岡市の自動車教習所に合宿に入った。免許合宿は空き時間こそ多いが圧倒...
東北学

【末の松山】現代に残る災害の記録

契りきな かたみに袖を 絞りつつ 末の松山波こさじとは 清原元輔 百人一首に収録されている和歌のひとつ。末の松山はこのほかにも多数の和歌に詠まれる「歌枕」なので、知っている人も多いのではないだろうか。 「あなたと私は...
歴史

【どれ?】古代東北の名残、鼠ヶ関も日本三大がっかり名所にノミネートしよう

東北三大古関 古代蝦夷の国、現在の東北地方に入るには、三つの道あった。それぞれの境には関所があった。そのうちの一つが、福島県の太平洋沿岸部にある勿来関。もう一つが、福島県の白河市にある白河関だ。そして、もう一つが、今回紹介する鼠ヶ関...
タイトルとURLをコピーしました