なぜ「復興支援」と言わないか。

さくらプロジェクト

ざっくりと活動の説明

今回は「さくらプロジェクト」の活動について書きたいと思います。
「さくらプロジェクト」は高校が母体の被災地訪問活動です。

毎年、高校生の春休みに合わせて、3月下旬に2泊3日で宮城県を訪問しています。その後は、月一回程度の事後研修を重ねて、被災地で学んだことを高校内で伝えるという活動にシフトしていきます。

「さくらプロジェクト」の一大イベントとしては、3月の訪問の他に、9月の文化祭での物販コーナーの運営があります。吉祥寺の「東北物産館」に協力していただき、東北の品物を文化祭で販売します。その売り上げは毎年、全額寄付されています。

このように、実際に被災地に行くことの他にも、年間を通して、東北で学んだことを東京で伝えるという活動を行っています。

復興支援ってなんだ?

「さくらプロジェクト」には僕のような卒業生も、毎年数人携わっていますが、メンバーのほとんどは高校生です。高校生は部活動や委員会活動とは別でさくらプロジェクトに参加しているという形になります。

学校内でも、まだまだ「さくらプロジェクト」のメンバーは少ないので、友達から「東北に行って何してるの?」と聞かれることが多いそうです。

また、大学生である僕も友人から「毎年高校に行って何してるの?」と少しからかい気味に聞かれることがよくあります。

こんな時、我々「さくらプロジェクト」のメンバーは答えに困るのです。
初めのうちは「復興支援活動だよ。」と答えていました。
しかし、それを口にするたびに、「支援ってなんだ?」という疑問が頭を巡ります。

自分達は確かに被災地に行って色々なことをしているけど、何もできていないのではないか。逆に色々なものをもらっているではないか。支援と呼べることは何もしていないのではないか。

次第に「支援」という言葉を使うことに罪悪感を覚え始めた僕たちは、自分たちの活動を説明するとき、「被災地の訪問活動」と表現するようになりました。

毎年3月に被災地に行くと、現地の方にはすごく喜んでもらえます。来てくれるだけでうれしいといってくださる方もいらっしゃいます。ただ、自分たちの活動に「支援」という言葉を使うのはおこがましい。そんな思いから、「被災地訪問」という名目で毎年、宮城県にお邪魔しています。

この活動はおそらく今年の3月にも行われます。今回も「勉強させていただく」という気持ちで、3日間、お世話になると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました