気ままに書いたもの

気ままに書いたもの

東北見聞録縁起 ~東北好きのこれまでとこれから~

東北見聞録のはじめ 小さいころから祖母のいる福島へよく遊びに行っていた。初めは福島県泉崎市、祖母が引っ越してからは福島県喜多方市で、東北の空気に触れてきた。大学生になってからは運転免許合宿の宿がたまたま山形県鶴岡市だった。3年連続で...
気ままに書いたもの

日本海側から攻める東北旅行④~京の香りのする町で苦い寿司を食す~

温泉から出ると酒田に向かう。せっかく日本海寄りに来ているのだからという想いから、寿司を食べることにした。カウンターの寿司だ。とは言っても、実際は一人なのでカウンターに案内されただけで、ただの回転寿司なのだが。しかし、普段友人と行く「くら寿...
気ままに書いたもの

「恋人坂」に行きたいが恋人がいない件

美しいポスターを見つけた。そこには「来て」「呑んで」「味わって」「住んで」「福島」という文字が書かれている。 この写真の四枚目、「住んで」の画像だ。ここで「恋人坂」という場所があることを知った。それは福島県喜多方市にある、な...
気ままに書いたもの

とある散歩の記録。

2018.1.1 福島県喜多方市の祖母の家にいた。僕は祖母の家に遊び行くといつも散歩しながら景色を見ることにしている。散歩には思考が研ぎ澄まされるような効果があり、ふだん考えないようなアイデアが生まれることもある気がする。 ...
気ままに書いたもの

僕の通学路を福島行きの高速バスが横切る

「これに乗ったら東京に行けるのかぁ」都会に憧れる田舎の高校生が新幹線を眺めながら言いそうなセリフだ。田舎に憧れる半都会住みの大学生(僕)は全く逆のことを毎朝思う。「これに乗れば福島に行けるのかぁ」 映画『君の名は。』より都会...
タイトルとURLをコピーしました